FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳幼児アンケートはじめてます。

今年度、しおんじやま古墳学習館ではじめている
「歴史系ミュージアムを
 乳幼児にも楽しんでもらうプロジェクト」。

まずは、現状調査からということで、
乳幼児連れの利用者の方に記入してもらうアンケートを作成ました。

乳幼児アンケート


・博物館にどれくらい行っているのか?
・子どもと一緒で楽しめているか?
・どんなハード、ソフトが必要か?気になるか?
などなど。

またここに来ているだけで、すでに興味がある人たちなので、
市内の保育園にも協力をしてもらって、アンケート調査も実施中。

どんな回答がくるか?楽しみです。


実地調査へ!

昨日、兵庫県にある兵庫県立考古博物館へ行ってきました。

先日のブログでも書きましたが、
「歴史系ミュージアムにおける乳幼児を対象とした施設の利用・活用を促進する実践研究」
の、実地調査のためです。

というのも、
こちらの博物館では、まさに私達がやりたいと思っていた
幼児向けのプログラムを、既に開発されていたので、
これはぜひ、参考にさせていただかないと、
ということで、早速担当の方に連絡して、お邪魔しました。

もちろん、モニターとして娘も一緒です。

私達は、時代設定を古墳時代で考えているのですが、
こちらでは弥生時代。
実際プログラムを開発するに当たって、
幼児教育にたずさわっている方など、
外部の方にも委員になってもらったそうなのですが、
考古学や歴史の専門家とは違う目線で、色々な意見をいただいたとのことです。

さて、実際開発されたのは
弥生時代の食生活をテーマにした幼児向けの紙芝居と、
その内容を、家に帰っても親子で楽しめるミニ絵本
(これは、紙芝居を見たらもらえます)
そして、紙芝居の登場人物で実際に遊べる
お人形セットです。
お人形セットは、ボランティアさんの手作りということですが、
かなりの出来栄え!
娘もすぐに気に入って、お魚や農具でご機嫌に遊んでいました。

実地調査

今月から、紙芝居は毎月1回(第二日曜)開催されていますが、
人形の公開は未定とのことです。

今回いろいろお話を聞いて一番思ったのが、
「何を、対象とする子ども達に伝えたいのか」ということを
しっかり考えないといけないな、ということです。
「昔」なんて概念のない年齢の子ども達に
どうすれば伝わるか、というよりも、
何を、伝えたいのか、
そして、大きくなったときに、
少しでも、昔のことに興味を持ってもらえるのか・・・
このことは、この研究の根本ですが、
私達も、改めて確認しないといけないな、と感じました。



プロフィール

学習館スタッフ

Author:学習館スタッフ
しおんじやま古墳学習館のスタッフです。
ちなみに、しおんじやま古墳学習館は、指定管理者制度により特定非営利活動法人(NPO法人)歴史体験サポートセンター楽古(らっこ)が管理運営しています。

楽古活動日記・ブログへ

楽古ホームページへ


カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。